• バイトル

思い通りにならないことも面白がる。ディップ初の定年退職者、間宮さんに...

43年間やってても、求人の仕事は飽きない。ディップ初の定年退職者、間宮...

営業部門

担当社数は、信頼の証。 イチから自分で開拓する営業のおもしろさ。

「初めて自分の力で受注できたのは、1年目の7月。あの時の記憶は、一生忘れないと思います」そう話すのは、2016年新卒入社の前田。おもに地場の企業へ営業活動を行っている“エリア事業部”に配属され、昨年9月からは課長を務める。彼の営業としてのスタンスと、これから管理職として考えていることを聞いた。

営業部門

RPAという新たな武器。 データ連携・可視化が、 定着率の改善のカギに!

「面接コボット」を筆頭に、続々とリリースされるディップのRPAサービス。これらのサービスができたことにより、営業としてできることが広がったと語るBS2部3課課長の大本さん。将来的にクライアントの課題解決や、営業の働き方がどのように変わっていくのかを聞いてみました。