• エンジニア

RPAの力で、構造的な人手不足を解消したい。 元・アウトソーサーの新たな...

やることに線引きしない。 それが求人広告の「クリエイティブ」

PEOPLE

システム開発部の新キャリア制度 「テクニカルマネジャー採用」とは?

「生涯プレイヤー」。開発好きなエンジニアなら、一度は夢見たことがあるのではないだろうか。昨年、ディップにそれを叶える働き方「テクニカルマネジャー職(以下、T職)」が新設された。今回はそれをきっかけに入社したシステム開発部アプリケーション開発課の佐藤とその上長、栗生に話を聞いた。

PEOPLE

新卒1年目から、ガンガン開発させてくれる。だから、あえてディップを選んだ。(新卒入社2年目のエンジニア対談)

つい2年前までは学生だった。そんな18年度卒のシステム開発部ルーキー2人。彼らにスポットライトをあてればディップの人の育て方や、価値観が垣間見える。システム開発部、いわば一人ひとりがプロフェッショナルとして活躍する部署では、社歴や年齢で仕事幅を制限するのはナンセンスなのかもしれない。

PEOPLE

ディップ株式会社、Qiita初参加で 投稿数ランキング3位にランク入り! 歓喜と反省の「Qiita強化週間」レポート

システム統括部で先日、プログラマのための技術情報共有サービス『Qiita』にどんどん投稿する取り組みを実施。 「目指すはOrganizationランキングにランクインだ!」ということで有志のメンバーが集まり、記事を投稿しまくる「Qiita強化週間」が先日行われました。 「Organizationランキング」とは、会社や組織等の団体メンバーの記事をまとめた1週間の投稿数ランキング。その結果、2019年12月のOrganizationランキングではなんと3位を獲得!! メンバーの一人、システム統括部メディア推進室の馬場に今回のいきさつなどをインタビューしました。

PEOPLE

管理職だけど、 ばりばりプレイヤー。 「PSE職」というこれからの働き方。

例えば、社歴も長くなって、その分の経験も積まれてくる。例えば、今までの職場で積んだノウハウをもとに転職したいと思う。そうしたときに見えるキャリアが「管理職=組織マネジメント」だけなんて、少し息苦しいんじゃないか。好きな仕事だからこそ、プレイヤーとしても現役でいたい。そんなキャリア感をディップの開発で体現する人物とは。

PEOPLE

「やりたい」が叶う環境で、 僕は企画屋にもなれた。

ディップの現役社員にフォーカスを当て、働き方や入社のいきさつなどを探っていくインタビュー企画。今回は、システム統括部でプロジェクトマネージャーを務めながら、はたらこメディアプロデュース室(以下、HMP)にも席を置く成松(なりまつ)にインタビュー。部門を超えた彼が見た、ディップの働き方とは。

COLUMN

エンジニアにうれしい制度 「サポ10(テン)」とは。 統括部長に聞いてみた。

ディップには「サポ10(テン)」なる福利厚生が存在している、らしい。システム開発部、メディア推進室、組織開発推進室のメンバーが対象の制度であり、私を含むディップのほとんどの社員には「聞いたことある」くらいの制度だからだ。そんな “サポ10”について、システム統括部を牽引する統括部長の渡邉に制度の実態について聞いてみた。