• インタビュー

RPAの力で、構造的な人手不足を解消したい。 元・アウトソーサーの新たな...

やることに線引きしない。 それが求人広告の「クリエイティブ」

AI・RPA事業部

RPAの力で、構造的な人手不足を解消したい。 元・アウトソーサーの新たな挑戦。

2019年3月、ディップ株式会社(以下、ディップ)は構造的な人手不足を解消する『Labor force solution company』へ進化し、AI・RPA領域で新事業を開始。また、2月25日(火)にはAI・RPA事業部の拠点となる新オフィス「デジレバ」を東京・渋谷に開設しました。そんなAI・RPA事業部にある部署のひとつ、カスタマーコネクト課で課長補佐をつとめている長谷川は、2020年1月にディップに入社したばかり。前職は大手通信サービスのテクニカルサポートや、コールセンターのマネジャーをしていたそうですが、何を思い、ディップの新事業部への転職を決めたのでしょうか。今回はそんな長谷川にクローズアップしてみました。

PEOPLE

ひらめきは「アドベンチャーな経験」と 「自由な環境」から生まれる。

人の心をワクワクさせる。そんな提案を数多く生み出してきたが、いつもそのひらめきの源泉やロジックは謎に包まれている。社内からも引く手あまたの本荘。若手ライターからも「本荘サンみたいなクリエイティブをやりたい」――そんな憧れの目を向けられることも珍しくない。そんな彼のルーツを辿る。

PEOPLE

システム開発部の新キャリア制度 「テクニカルマネジャー採用」とは?

「生涯プレイヤー」。開発好きなエンジニアなら、一度は夢見たことがあるのではないだろうか。昨年、ディップにそれを叶える働き方「テクニカルマネジャー職(以下、T職)」が新設された。今回はそれをきっかけに入社したシステム開発部アプリケーション開発課の佐藤とその上長、栗生に話を聞いた。

PEOPLE

新卒1年目から、ガンガン開発させてくれる。だから、あえてディップを選んだ。(新卒入社2年目のエンジニア対談)

つい2年前までは学生だった。そんな18年度卒のシステム開発部ルーキー2人。彼らにスポットライトをあてればディップの人の育て方や、価値観が垣間見える。システム開発部、いわば一人ひとりがプロフェッショナルとして活躍する部署では、社歴や年齢で仕事幅を制限するのはナンセンスなのかもしれない。

PEOPLE

ディップ株式会社、Qiita初参加で 投稿数ランキング3位にランク入り! 歓喜と反省の「Qiita強化週間」レポート

システム統括部で先日、プログラマのための技術情報共有サービス『Qiita』にどんどん投稿する取り組みを実施。 「目指すはOrganizationランキングにランクインだ!」ということで有志のメンバーが集まり、記事を投稿しまくる「Qiita強化週間」が先日行われました。 「Organizationランキング」とは、会社や組織等の団体メンバーの記事をまとめた1週間の投稿数ランキング。その結果、2019年12月のOrganizationランキングではなんと3位を獲得!! メンバーの一人、システム統括部メディア推進室の馬場に今回のいきさつなどをインタビューしました。

PEOPLE

「第4回 [関西] 総務・人事・経理WEEK」に総務統括部ファシリティマネジメント室室長の藤川が登壇!

2019年11月。管理部門向けのあらゆる製品・サービスが一堂に出展された展示会「第4回 [関西] 総務・人事・経理WEEK」がインテックス大阪にて開催。総務・人事・経理関係者や経営者が来場し、情報収集や商談の場として年々規模を増している展示会です。ディップからは総務統括部ファシリティマネジメント室・室長の藤川がセミナーに登壇。オフィス環境の整備、総務業務、オフィスマネジメントなどを行っている藤川は、2017年3月14日の創立記念日に移転した背景を「コミュニケーションを生み出すオフィス環境」と題して熱く講演しました。会場はおかげさまで満席!今回は当日の模様を書き起こしました。

PEOPLE

“考えて、対話し、生み出す” ディップの成長を支える 組織風土を創っていきたい

人事本部 人材・組織開発室で“自社らしさ”の表出や組織風土づくりの一環として、社内報や社内SNSの運用など、社内コミュニケーションをデザインする中島にインタビュー。ディップのカルチャーを根絶やすことなく、アップデートして育てていくためのチャレンジとは。