ディップ株式会社の「メディアプロデュース部門」に関するインタビュー記事の一覧です。メディアプロデュース部門は『バイトル』『はたらこねっと』『バイトルNEXT』など求人サイトの企画・編集を行っている部署です。Webディレクター、グロースハック、データアナリストなどの記事を掲載しています。

担当社数は、信頼の証。 イチから自分で開拓する営業のおもしろさ。

RPAという新たな武器。 データ連携・可視化が、 定着率の改善のカギに!

0→1にのめり込んだ学生時代。変わり続けるディップの未来にワクワクした。【ディップ21卒内定者・企画職編】

ディップの内定者は、何を思い、どんな軸でディップへの入社を決めたのか。今回は『バイトル』『はたらこねっと』などのサイト企画・編集を行うメディアプロデュース部門にて、企画職の内定が決まっている堀川翔さんに、大学生活のことやディップを選んだ理由など、オンライン取材で聞いてみました。

年功序列のないグロースハック。「やりたい」に進める、贅沢な風が吹く場所。

2020年度、dipは『Adobe Experience Maker Award 2020』を受賞した。これに大きく貢献しているバイトルグロースハック部の中で、メキメキとスキルを伸ばしているプレイングマネジャー藤村さん。事業会社のインハウスで、デザインや映像作成・HP更新などをしていたという彼が、2015年にdip入社を決断し、居続ける理由とは。