• システム開発

看護師さんと医療機関。双方の想いをつなぐキャリアアドバイザー。

「医療人材不足」は、日本の大きな課題。「Follow a Lifestyle」を掲げ、...

システム統括部

前職では空回りだったサービスへの愛。ディップではみんなが持っていた。

ディップに入社して間もないながらも、社内プロジェクトなどに積極的に参加する古川さん。エンジニアとして働く以前は働くことが辛く感じる時期があったそうですが、それを乗り越えて今は働くことが楽しいと生き生きと語ってくれました。そう思えるようになった経緯について聞いてみました。

システム統括部

業務委託のSEから、自社開発のPMに。企画と開発が一体の組織で感じた、成長のしやすさ。

中期経営計画で「エンジニア200名体制を目指す」と、開発戦略を掲げたシステム開発部。実際のものづくりの体制はどのようになっているのか。PM(プロジェクトマネジャー)業務未経験で中途入社、現在はシステム開発部プロジェクトマネジメント課で「はたらこねっと」のPMを務める、大里さんに話を聞いてみました。

システム統括部

社内SEのデバイス選定センスが、 ディップ社員数千人の能率に直結。

菊田さんが中学生のとき、自宅に最新のパソコンがきた。当時はパソコン自体がめずらしく、興味のまま触っていたら、いつのまにかウイルスに感染してしまった。そんな実体験がきっかけで、情報関係の道に進み、今の仕事に辿り着く。私生活でも、自分で電子機器を試し買いするのだという打ち込みよう。そんな彼の仕事に対する想いとは。

システム統括部

ディップの全社員が、 僕たち情シスの守るべきユーザー。

みなさんは、「情シス」と聞くと何をイメージしますか?そんな人にこそ、ぜひ知ってほしいのです。彼らがいなければ、今日もストレスなくネットに繋ぐことはできないし、生産性も売り上げもガタ落ちだということを。今回は、ディップの情シスで社内インフラに携わる鎌田(かまだ)昌樹さんにお話しを伺いました。