• ライター

リモートワークがメインとなった環境下で、ディップのエンジニアはどのよ...

制作会社から事業会社へ。自社のサービスを見守るために提言した、デザイ...

クリエイティブ統括部

2年目で勝ち獲った通期表彰。 でもまだまだこれからです。

年に1度、輝かしい成果を出した社員に贈られる通期表彰。今期、クリエイティブ統括部で唯一の受賞となったのが中日本制作課所属、入社2年目の馬場翔大さん。「まだまだ課題しかないです」と謙虚に語る馬場さんに、この2年間のこと、これからのことなどについて聞きました。

クリエイティブ統括部

記憶が飛ぶほど 夢中で駆け抜けた半年間。 そこで得た“2つ目の視点”

求人広告を書くときに大切な「ユーザー視点」。雇用する側の一方的なメッセージにならないよう求職者(ユーザー)の心に響く広告にするために必要不可欠な視点だ。しかしそれだけでは太刀打ちできない場面に、入社2年目にして遭遇することになる上野さん。全力の手探りで駆け抜けた末にたどり着いた"2つ目の視点"とは?

クリエイティブ統括部

正直リーダーってタイプじゃない。 私は”寄り添う”管理職でありたい。

2006年に新卒でディップに入社し、2017年に管理職へ昇格。先期の全社通期表彰では見事「優秀課長マネジャー賞」を受賞した藤田文子(あやこ)。そんな彼女に、求人制作ディレクターとしての心構えや、マネジャーとして大切にしていることなどを聞いてみました。