• PHP

リモートワークがメインとなった環境下で、ディップのエンジニアはどのよ...

制作会社から事業会社へ。自社のサービスを見守るために提言した、デザイ...

システム統括部

最高の“初アルバイト”を届けるために。

現役社員にフォーカスを当て、働き方や入社のいきさつなどを探っていく特集企画。今回は、システム開発部アプリケーション開発課・課長の栗生(くりう)にインタビュー。昨年、Laravelの実践本『PHPフレームワーク Laravel Webアプリケーション開発(ソシム刊)』を執筆。先日は300名規模のカンファレンスに登壇するなど社外のPHPコミュニティでも活動する彼が、ディップの価値とはなにかを教えてくれた。