DX magazine powered by dipの記事一覧

DX magazine powered by dip(ディップが取り組んでいる具体的なデジタルトランスフォーメーションの推進内容を紹介するオウンドメディアです。複数のDX事例、実際に利用しているツール、プロジェクト推進担当者のインタビュー等を通し、そのノウハウを公開いたします。)をdip people 内に再掲載した記事です。

データサイエンティスト職最終選考官が語る、新卒に求めるものと未来への展望

新卒一年目で、社内だけでなく社外でも大活躍!?二つの賞を受賞した秘密...

【AI×営業】dip小池がJapan Sales Collection2024営業コンテスト本選に出場しました!【dip AI Force推進リーダーが語るAI活用のポイント】

今回は、株式会社セレブリックスが主催する『Japan Sales Collection(JSC)』営業コンテストに参加した小池敏にインタビューを行いました。 『dip AI Force』の推進リーダーも務める小池が、営業コンテストに参加した振り返りと、ディップが思い描くAIと営業の未来について語ります。

人が幸せになるために、 AI で新時代を拓く ディップ冨田 統合報告書CEOメッセージ全文掲載【CEOが語るAI活用のポイント】

本記事は、2023年11月に発刊されたディップ【2023年版】統合報告書のCEOメッセージの全文掲載です。今回は、AIと労働市場の未来を見据えたdipの経営戦略について。dipは、AIとテクノロジーを活用し、労働力不足の解決と働きがいのある社会の実現に取り組んでいます。さあ、一緒にdipのビジョンと挑戦を覗いてみましょう!

AI技術を活用して、幸せな求人マッチングの可能性を広げるディップのAIエージェント事業【本部長が語るAI活用のポイント】

ディップの有識者がAI活用について語るインタビュー連載。今回は、商品開発本部長の進藤に、新たなAIエージェントについてインタビュー。AI技術を活用して、求人マッチングの可能性を広げるプロジェクトについて深掘りします。仕事選びに課題を持つ人々への新たな解決策とは?進藤の言葉からその全貌を探ります。

AI導入・活用推進から半年で従業員の70%が毎週ChatGPTを使うディップのAI活用企業文化の作り方【COOが語るAI活用のポイント】

ディップではAINOW、AIアクセラレータなど、2016年からAIに関する取り組みを始めており、2023年4月にはAIエージェント事業の開発開始を発表しました。また、社内でもAI活用を推奨しており、2023年11月のアンケートでは、従業員の96%がAIを利用したことがあり、70%は毎週ChatGPTを使っている、という驚異のアンケート結果になりました。今回、ディップの有識者がAI活用について語るインタビューの連載を始めます! トップバッターは、COOとして熱いリーダーシップでディップを牽引する志立。AI活用が進む企業文化の作り方について聞きました。

【インタビュー】データとテクノロジーを活用してビジネスを加速させる【dip data design.Lab】

この記事では、dip data design.Lab(以下、DDD)の山田耕平のインタビューをお届けします。彼がリードするDDDは、データとテクノロジーを用いてビジネスを加速させるための新たな取り組みを行っています。そのビジョンと具体的な施策について深く掘り下げ、現在の進捗とこれからの挑戦について聞きました。

データを収集・活用!レポート自動化に取り組むData Brain課リーダーインタビュー

御木は今年で入社4年目、データサイエンティストとして活躍しています。入社当初はデータを担当するメンバーも少なく、周りに助けられつつ仕事を開拓してきたというバイタリティーあふれる彼ですが、表向きは飄々とした雰囲気ながらも企画やプロジェクトのコアを見定め、PM業務も行うリーダーでもあります。 今回はData Brain課の業務内容や、御木の仕事について深堀していきましょう!

ディレクターアカデミーを経て、誰よりもユーザーに寄り添えるUXデザイナーへ!

入社して間もなく半年になる内藤は、もともとマーケターとして仕事をしていたところ、ディップのディレクターアカデミーを経てUXデザイナーへ転身しました。ディップの別チームには、なんとお兄さんも在籍しており、現在ご兄妹で勤務されているとのこと!表向きはクールな印象の内藤ですが、彼女が持つユーザーへの熱い想いに迫ります!