Excelに貼り付けられた画像を一括保存する方法【みなとやの制作ハック】

author

湊屋 佐千子
事業推進本部 クリエイティブ統括部 広告制作部 コンテンツプロデュース課 ▼詳細

バナー画像の制作現場にいると、たまにExcelファイルのセルに画像を貼り付けて素材共有をして頂くことがあるかと思います。そんな時、1枚1枚保存していたりしませんか?本記事では、Excelの機能で簡単に画像を一括保存できる方法をご紹介します。

手順

● 対象のExcelファイルを開く

まずは対象のExcelファイルを開いてください。

● Excelファイルを別名で保存する

[ファイル]>名前を付けて保存>[参照]でデスクトップなどに別名保存を行います。この時、[ファイルの種類]は『Web ページ』を選択してください。

また、そのまま保存すると画質が悪くなってしまうので、出力画像の設定も行います。右下の[ツール]から[図の圧縮]を選択してください。

[解像度の選択]で「HD(330ppi)」を選び、[OK]をクリックします。[圧縮オプション]は任意で設定してください。

[保存]を実行すると以下のようなダイアログが表示されますが、今回は別名保存なので[はい]を選択していただいて問題ありません。

上記で保存したフォルダーを確認すると、以下のようなファイルが生成されています。

この『Book1.files』フォルダーの中に、Excelファイルに貼り付けられていた画像がすべて保存されています。

Excel上のサイズと元の写真の2種類が保存されていますが、ファイルサイズで並び替えるなどして必要なファイルだけ移動し、『Web ページ』一式を削除すれば完了です。

さいごに

Excelに貼り付けられた画像を一括保存する方法についてご紹介しました。ぜひ使ってみてくださいね。

ディップは2019年3月に構造的な人手不足を解消する「labor force solution company」へと進化し、AI・RPA領域で新事業を開始したほか、社内でRPAやVBAのオンライン講座を開催するなど、社員が自身の業務を改善できるように取り組んでいます。

※プレスリリース
「構造的な人手不足を解消する“Labor force solution company”へ進化 ディップがAI・RPA領域で新事業を開始! ~新ブランドステートメントを策定~
https://www.dip-net.co.jp/news/175

私が所属するクリエイティブ統括部でも、RPAやVBA、Excelなどを積極的に活用して日々業務改善に取り組んでいます。業務改善に興味があるという方は、ぜひ以下の採用情報をご覧ください。

関連記事一覧

author

湊屋 佐千子

事業推進本部 クリエイティブ統括部 広告制作部 コンテンツプロデュース課 オウンドメディアやWeb制作のデザインやフロントエンドを担当する傍ら、RPA・GAS・Excel VBAなどを用いてクリエイティブ業務の業務効率化に努めている。Twitter(@mi_na_to_8)で業務の学びを定期的につぶやいている。