専門性が混在するシステム統括部。 認め合うことで進むため、掲げた『MVV』

interviewee

渡邉 暁雄
商品開発本部 システム統括部 統括部長 ▼詳細

author

秋山 美優
企画・統括本部 クリエイティブ統括部 広告制作部 総合制作課 ▼詳細

高橋 正憲
企画・統括本部 クリエイティブ統括部 広告制作部 コンテンツプロデュース課 ▼詳細

ディップのほぼすべてのシステムを統括するシステム統括部には、多様な専門性を持つ人たちが存在する。この部で掲げる『MVV(MISSION・VISION・VALUE)』について、統括部長・渡邉が想いを語った。

『乗れば選ばれし者になれる船』のような組織を目指す。

秋山:じつはゲーム繋がりでお会いしたことがある渡邉さん。ご無沙汰しております。本日はよろしくお願いします。

渡邉:最近はめっきりやってないね。ご無沙汰してます。

秋山:早速、へええって思ったところから伺っていきますね。システム統括部には良い人が育つ組織であれって指標があるようですが、具体的にはどんなイメージなのでしょうか?

渡邉:組織マネジャーである僕のミッションって、組織を最大成長させながら会社を支えていくことなんですよね。それをやることによって生み出したい組織ってどんなだろう?と立ち返ったとき、適切な時期に、適切な人が育って活躍している環境っていうのが、理想の組織像の最低条件だと思ったんです。最近は、労働人口減少の影響でエンジニア需要はすごく高まってますし、競争率も高い。海外の単価の安いエンジニアと比較されたり、とんがったエンジニアだけが重宝される時代がくるかもしれない。そんな時代背景も見ながら考えたら、『選ばれし者が乗れる船』ではなく、『乗れば選ばれし者になれる船』、つまり人がしっかりと育つ組織であることが良いと思ったんです。

秋山:選ばれし者になれる。何だかカッコいいですね。

渡邉:今って、1社でキャリアを積み切る時代じゃなくなってきましたよね。だから、ディップで良い経験をして巣立っていく人っていうのを増やせたらなって。この会社で学びたいことを学んで、もし次にやりたくなったことがディップの目指すものと違うものになったとき、自信を持って踏み出していく。それで良いと思うんです。もちろん、目指すものがディップと同じものであれば、ぜひここで活躍してほしい。でも、もし転職した人たちが他の会社で有名になって「前職は良い会社だったんだよね」って話してくれたり、その話を聞いた人がディップに入ってくれて前向きに成長してくれたりしたら。それって踏み出していった人はもちろん、うちの社員や会社にとっても良いことだと思うんです。良い経験ができて、しっかり育つことのできる会社。そういうディップブランドを確立していけたらと考えています。

多様な人が混在する組織。どうやってエイムを合わせるか。

秋山:『MVV(MISSIN・VISION・VALUE)』についてもぜひお伺いしたいです。なぜ今のような内容に?

渡邉:システム統括部にある組織って多様なんです。メディア推進室、情報システム部、組織開発推進室・システム開発部・セキュリティ推進室、って。そのぶんいろんな専門性を持つ人がいるんですよ。プロジェクトマネジャーもいれば、データベースエンジニア、フロントエンドエンジニアもいる。中にはエンジニアじゃない人もいる。その中で、同じ言葉や想いを持つ人と一緒に仕事ができるとは限らない。なので、こういう多様な人たちとチームとしてやっていくために、目的地を示す必要があるなと思ったんです。

秋山:システム統括部って本当にいろんな人がいるんですねぇ。

渡邉:僕は『MVV』を話すとき「エイム」って言い方をしてるんですが、エイムのひとつとして「僕らが何をすべきか(=MISSION)」があって、「エイムの先の未来(=VISION)」を実現するために、「必要な行動指針(=VALUE)」があるって感じなんですね。それを僕らが掲げるものに言い換えると、手段は問わないから、各々が専門性を発揮して、示す目的地に辿りついてほしいっていうものになる。じゃあそのためにはどうしたら良いか?何を示すか?を考えていたら、ふと、システム統括部って会社の売上に100%貢献できるチームなんじゃない?って気づいたんですよ。AI・RPAが関わるところはまた少し別ですが、プロダクトのIT部分、社内システムもひと通り管理することになっていて、平たく言うとITすべてを担う部だよなって。(※エイム=照準を合わせる操作)

秋山:なるほど、確かにです。

渡邉:で、バイトル・はたらこねっと・ナースではたらこ・バイトルマスターなどの商用システムって、止まっちゃダメじゃないですか。バックオフィスの方々が使う、例えばお給料計算をするシステムも止まったらダメ。つまり、僕らがコケたらディップがコケる。僕らの努力次第で、ディップの売り上げは良くも悪くもなる。ディップが進む道のすべてが、不安定になるか、F1でも走れるくらいの整備された道になるかは、2000人いる社員のうち数%にしかあたらない僕らにかかってる。っていうのを、統括部内でそれぞれの専門性を持つ全員にわかってほしくて。そういう想いを、『全ての道を作る(MISSION)』『最大のスループットを産み出し続ける(VISION)』に込めています。そのためには、全員がプロ意識を持って、専門性の違うお互いの価値観を受け入れ合って、前に進んで行く必要があるっていう行動指針を『前に進む・寄り添う・プロフェッショナル(VALUE)』って言葉に込めています。

違う価値観を受け入れ合うために。

秋山:こういうのって、なぜか忘れられやすいですよね。大事なのに。実際、私は制作部で掲げられたものを覚えてなかったことがありました(ごめんなさい)そうならないために工夫されていることって、ありますか?

渡邉:形骸化はリスクですよね。組織開発推進室の緒方さんとは、「とにかく使うこと・使ってもらうことが大事」って話をしていました。なので、緒方さん発案で『#subako』って施策を続けていまして。情報が巣立つとか集まるとか、そういう意味を込めて。で、まずは認知してもらうために『#subako radio』っていう、オンデマンドで音声だけのラジオをやり始めました。僕と緒方さんで組織について話したり、しょうもない話を交えつつ、僕の今の価値観はどうだって話もしてSlackに流してます。僕らと社員2名との計4名で遠慮なく話すっていう『#subako talk』や、今は『#subako live』なんて生放送もやってみる?って話もしてて。僕が出す情報に対するアクセシビリティを担保する目的で、半年くらいこの施策は続けています。他にも、SlackのカスタムアイコンにVALUEのひとつ『Accept』を作って、関連のネタを言ったときに使ってもらうとか(笑)

秋山:ぜひチャンネル招待してほしいです(笑)「価値観を受け入れ合って」と仰っていたときも思ったのですが、渡邉さんはアクセプト、つまり寄り添うことをけっこう大事にされてるのでしょうか?

渡邉:人って自分が良くされると、他人にも良くしたくなるんですよね。なので、そういうポジティブなループを作れたらいいなって思っているんです。最近では称賛の文化を作りたいって取締役の植木さんにお願いして、システム統括部内限定でメンバー同士で投票して表彰者を決める『Best of team』っていう賞を作っていただいたりもしました。5月末の結果発表で第3回が終わったところです。余談ですが、僕らの#subakoに投票してくれる人がいたときは、緒方さんと涙を流して喜んだりしました(笑)そうやって、自分のしたことを認めてもらえたんだとか、良かったなって思ってもらえるキッカケって大事だと思っていて。自信にもなるし、認め合うことにもなりますから。

Photo by おざけん

皆が気持ちよく働ける組織がいい。SIer時代の影響。

秋山:MVVを定めて、渡邉さんが自ら動いてきて、やはり組織は変わりましたか?そういえば、先期にはシステム開発部から初の新人賞が出ましたね!

渡邉:そうなんですよー5年越しの部の偉業!素晴らしいです。うん、さらに良くなったと思いますよ。2018年の新卒たちも、取締役の植木さんにかなり褒めていただいていて「今年もすごいハードル上がっちゃったねぇー!」なんて言ってたんですけど、2019年の新卒たちは、さらにその上を行く結果を出してくれて。2020年の新卒たちのプレッシャーがまた上がっちゃうなと思いつつ(笑)、会社がエンジニアの文化を認めて褒めてくれるっていう循環ができ始めているのは、いいことだと思っています。

高橋:僕からもひとつ、いいですか?すごく良いなあと思って聞いていたんですが、そうやってメンバーとか、人の気持ちを大事にされているのは、今までのどんな経験が影響しているのでしょうか?

渡邉:あぁ、僕、前々職が取締役だったんです。従業員3名から始まったSIerのベンチャーに飛び込んでいるので、10年くらい上司がいなかったんですよ。でも、その代わりいろんな会社さんでシステムを作っていたので、そのぶんいろんな上司とか人とか組織を見てきたんです。その中で、自分が気持ちよくできるプロジェクトって何だろう?って思ったら、周りの人が気持ち良さそうにやってるものだ!って気づいて。ただ、人の行動源って感情じゃないですか。他人には踏み込めない部分というか。優しくなれとか、怒るなとか、がんばれとか言っても、その人の感情って本人以外にはコントロールし切れないもので。じゃあどうすれば……って模索しているうちに、個人の想いと企業・組織が目指したい先は、どうしたら繋げられるんだろう?って考えるようになったんです。

高橋:なるほど、なんだか全部が繋がった気がします。気持ち良く仕事したいなって思ってチャレンジしてきた前職までの影響が、今のマネジメントに活きているんですね。

渡邉:そうですねぇ。僕、組織がキレイに成長していくのを見るのが好きなんでしょうね。「うわぁ~キレイな組織だなぁ」って。その中に僕はいなくていいんです。僕がいなくても、良い組織だなぁって思えるものを作れたら、それが僕のゴール。今のシステム統括部は完全ではないけど、「まだ」というより「もうここまで来たか」という気持ちなんですよね。このままいけば、たぶん僕が何かしなくてもいけると思ってはいます。ただ、これからの変化をいかに快適に楽しんでもらえるかという点で、まだ僕にできることはあるとも思っていて。それを考えて実行していくのが、今の僕のミッションかなと思っています。

interviewee

渡邉 暁雄

商品開発本部 システム統括部 統括部長 マクドナルドへ新卒入社した1年後、IT業界へ飛び込む。約15年ほどのエンジニア経験を経て、2017年にディップへ入社。現在は統括部長として、メディア推進室・情報システム部・組織開発推進室・システム開発部・セキュリティ推進室を統括。最近はタクティカルバトルRPGのスマホゲームに熱中気味。

author

秋山 美優

企画・統括本部 クリエイティブ統括部 広告制作部 総合制作課 営業1年を経、念願の制作部に。ライティング・提案・Webディレクションまで猪突猛進に挑む。心のバイブルは少女漫画だが、就寝中の夢は少年漫画風。その日見たものに感化されやすい。

高橋 正憲

企画・統括本部 クリエイティブ統括部 広告制作部 コンテンツプロデュース課 3代目dip people編集長。2008年に新卒で入社し、進行管理、広告審査室、制作ディレクター、管理職などを経験。2020年4月より現職。Twitter:https://twitter.com/MasanTakahashi

関連記事一覧