ディップを クリエイティブで 盛り上げたい。

2019年4月にメディアプロデュース部からクリエイティブ統括部へ異動してきた村田は、制作部だけでなく、人事本部も兼務しているツワモノ。そこには、「ディップをクリエイティブで盛り上げたい」というひとつの想いがありました。

実はクリエイティブ出身です。

制作に来る前はメディアプロデュース部にいたので、よくそっちの出身だと勘違いされるのですが、実はもともとクリエイティブ出身です(笑)。学生時代は、大阪芸術大学というところで、写真学部にいました。
でも「カメラマン」という仕事になんだかピンとこなくて。写真やビジュアルも、文章も、両方扱える人になりたいなと思ったんですよね。それでいろいろ探してたらたまたま求人広告の制作職を見つけて。「取材にも行けて、ビジュアルも扱えて、コピーも書けて、これはいいなぁ」と思い、新卒で求人制作の仕事をしていました。

――えー!意外です。

めちゃめちゃ「B-ing(リクルート)」とかつくってましたよ(笑)。そこから、求人だけじゃなくいろんなものをつくりたいなと思って、制作プロダクションに転職しました。そこではいろんなプロモーションに携わったり、中吊り広告をつくったりしてましたね。

でもひと通りいろんなことを経験するうちに、イチコピーライターとしてひとつの広告をつくるより、もっといろんな人たちとグループになって、大きな仕事をしてみたいなと思うようになって。そこでエージェントを通してディップを知り、当時バイトルの編集長だった森田さんの面接を受け、「おもしろいコンテンツを企画し、もっとバイトルを広めてほしい」と言われ、MPとして入社しました。

バイトルだけじゃなく、
「ディップ」をクリエイティブで盛り上げたい。

入社してからはおもにBOMS(ボムス)ドリームバイトの立ち上げから運用全般に携わっていました。それまでは割と紙媒体をメインに扱っていたのでWebの知識は少なかったのですが、チーム内に優秀なコーダーやデザイナーがいたのでみんなの力を借りながらいろんなコンテンツを企画していきました。スタートした頃はまだまだ認知度が低いメディアでしたが、施策を重ねることで100万PVくらいは獲得できるようになりました。

(参考)提供開始からわずか2カ月でシリーズ累計再生数500万回突破!求人情報サイト「バイトル」の“アルバイトがしたくなる動画コンテンツ”「働こうぜ!バイト先輩!!」 再生回数No.1は「ビール篇」

――それはすごいですね。でもなぜそこから制作に?
メディアプロデュースの仕事を5年ほど経験し、あらためてクリエイティブやコンテンツの力を実感しました。その力でバイトルの認知拡大、ファンづくりにも一定の貢献はできたかなと思っています。
でも、ふとしたときに、その力をもっといろんなことに活かせないかな、と思ったんですよね。

たとえば採用。今までディップは新卒採用には力を入れていたのですが、中途採用は人材紹介がメインで、サイトもあまり整っていませんでした。僕も中途として入ったので分かるのですが、ディップってホントにいい会社なんですよ。でもそれが伝わっていない。まずはそこを改善したいなと思った。

次は原稿。ディップに入ってからMPとしてクリエイティブに携わっていましたが、ディップでクリエイティブが多い組織といえば制作ですよね。でも僕自身、ディップの制作がどんなことをしているのかよく分かっていなかった。だからまずは知りたいと思ったし、MPも経験した僕の知見を何か活かせるんじゃないかと思ったんです。それで、2019年4月、社内公募に応募して、人事と制作を兼務することになりました。

RHP、リファラル、SNS…
課題解決の“武器”を増やしていく。

――異動して、制作部の印象はどうですか?
「ディップの制作ってこんなことまでやってるんだ!」というのが率直な印象です。制作物をつくるプロダクションの機能だけじゃなく、クライアントの採用課題に沿った企画・提案、データ分析、それこそ動画アプリの開発まで、ホントにいろんなことをやってるんだなぁと(笑)。

――その上で、村田さんはどんなことをやってるんですか?
今年の9月にコンテンツプロデュース課という組織を新設し、今はそこの課長をやっています。そこで何をやっているかというと、「クリエイティブの武器を増やす」ということです。

――というと?
たとえば「バイトルRHP」です。今の時代、Indeedをはじめ求人媒体以外での採用が進んでおり、求職者の8割が就職・転職の際に採用ページを訪問していると言われています。でもコストの問題、制作スピードの問題、社内リソースなどの問題から、まだまだ強い武器とは言えません。

そこで、バイトルRHPを課題解決のコアツールにするために上期から『RHP2.0』というプロジェクトをスタートし、デザインのテンプレ化による納期短縮、見積りツールの作成による提案の簡易化などを進めてきました。今後はRHPを周知するためのLPの作成や、公式SNSによる導線の強化などを考えています。

――ほかには何かありますか?
特定の企業だけじゃなく、介護、製造などの不人気業界、物流、情報通信など今後需要が見込まれる業界を盛り上げるためのコンテンツ企画や、学生、外国人、中年・フリーター、シニアなど、特定のターゲットに向けた企画も進めていこうかなと思っています。
その他、“バズコン”と題して、部内のメンバーからもいろんな企画を集めています。

部署を越えた有機的なつながりが増えれば、
ディップはもっと強くなる。

他にはこの中途採用メディア「dip people」もスタートしました。現在ではクリエイティブ統括部、システム統括部を中心に、ディップの良さ・リアルが伝わるインタビュー記事を掲載しています。

「RHP2.0」を進めるにあたって、メディアプロデュース部や営業推進など、いろんな部署と関わりました。また「dip people」では、人事、システム統括の方たちと触れる機会が増えました。そこで思ったのが、「ディップにはすごい人たちがたくさんいるのに、ぜんぜんつながれてないな」ということです。

たとえばエンジニアだってクリエイターです。クリエイティブというと制作の専売特許と思われがちですが、エンジニアから学べることはすごくたくさんあります。

営業推進のみなさんも、制作にはない視点をたくさんくれます。制作は「ユーザー観点」で考えることが多いのですが、彼らは「クライアント観点」「営業観点」からもさまざまなアドバイスをくれます。
RHP2.0を進める際にはとても助けられました。

「部署を越えた横断」というと大層な話に聞こえますが、最初は数人の飲み会レベルでいいと思うんです。
いろんな知識、専門性、想いを持った人たちが集まり、部署をこえた有機的なつながりが増えれば、仕事はもっとおもしろくなるし、まだまだディップは強くなると確信しています。まずは自分が担当しているプロジェクトから、そんな仕事の進め方を推進していきたいですね。もちろんこの記事を読んだいろんな部署の方から、飲みの誘いもお待ちしています!(笑)

interviewee

村田 崇

クリエイティブ統括部広告制作部コンテンツプロデュース課課長。人事本部キャリア採用戦略推進室PM兼任。2014年4月入社。「バイトル」のコンテンツPR企画およびディップの採用ブランディングを担当。年間100本以上映画を観る。

staff

東島 梨衣

コピーライター時々イラストレーター。求職者と企業の双方が幸せになれる広告づくりに奮闘中。趣味ランニング。織田Fや皇居で出没が確認されている。

高橋 正憲

2008年、dipに新卒入社。営業しか募集していなかったのになぜか社長の気まぐれで制作職として拾ってもらう。人見知りのくせに課長。大阪出身だが東京→名古屋→大阪と転勤を繰り返し、大阪弁を見失う。

関連記事一覧